ホーム / セラピスト紹介

セラピスト紹介

奥山おくやま恭代やすよプロフィール

1972年 神奈川県川崎市生まれ

 10才頃から既成品に含まれている食品添加物が気になり始め、使用しなくても作れるはず、と料理を始める。この頃から社会に反発を始めたかも?

 17才で家出し、漫画家の元に身を寄せ、料理に没頭する。この頃から海外に頻繁に出るようになり、これまでに訪れた国はウエスタンサモア、アイルランド、メキシコ、北京、内モンゴル、マルタ、フィンランド、イタリアetc. 

 20才で一度は実家に戻るが、姉の誘いでカナダへ語学留学。 次にオーストラリアに行くために日本に戻り、トラック運転手をして稼ぐ。

 22才でオーストラリア・シドニーへ。当初の予定を大幅に延ばして5年半暮らす。 様々な職業を体験し、ヒッピーまがいの生活も経験。

 帰国後、オーガニック食品店で働きつつ、フードコーディネーターの学校へ。 その後、オーガニックカフェのフードディレクターとなる。

 ペンション&レストランのシェフのお仕事をいただいて長野県へ。 自家栽培、ベジタリアン、マクロビオティック等を柱とした料理本「ピースフード」にレシピを提供。

 シェフの仕事を続けるべきか迷いが生じた時、マイブーム的に様々なセラピーを受けてみた中でヒプノセラピーに出会い、セラピストが頭から指導してくるのではなく、クライアントの潜在意識の中から浮かび上がることを大切にしていく手法に心底納得し、この手法をマスターしたい!と転身を決意して勉強をスタート。

ゲシュタルトファシリテーターの百武氏、渡辺氏、前田氏と

 JHA(日本ホリスティックワークアカデミー)にて村井啓一氏に師事を受けた後、NYにてブライアン・L・ワイス博士より直に前世療法を学ぶ。

 退職後、横浜(現在の実家)に戻り、とにかく話し易いセラピストを目指して都築区中川にセラピールームファティマをオープン。

 更なるトレーニングのため、カリフォルニアに渡りAIH(アルケミーインスティチュート)にてデイヴィッド・クイグリー氏よりユニークなヒプノセラピーの方法論を叩き込まれ、日本初のクリニカル・ヒプノセラピストの認定を受ける。

 さらに、ヒプノセラピーだけではなく、違う角度からのセラピーにも必要性を感じ、ゲシュタルト療法、カウンセリング(傾聴)の勉強も重ねる。

 学びに終わりは無いこと、そして、自身もクライアント体験をし続けなくてはいけないことにも気付き、数々のワークショップ等に参加している。

 最近の趣味は手話の勉強。将来手話でカウンセリングが出来るようになれれば素晴らしいと思いますが、何年かかるかは分かりません・・・。

ブライアン・L・ワイス博士&キャロル夫人と

※JHA マスターコース修了

※JHA自己改革・年齢退行・前世療法 各プロフェッショナルコース修了

※HPSカウンセリングアカデミー トレーニングコース修了

※ワイスインスティチュート プロフェッショナルトレーニング修了

※AIH認定アドバンスドソマティックヒーリングプラクティショナー

※AIH認定CHTクリニカルヒプノセラピスト

※米国催眠士協会認定 ヒプノセラピスト

※リコネクションレベルⅢプラクティショナー

※GNJゲシュタルトネットワークジャパン プレトレ・トレーニング・アドバンス各コース修了

Top