ホーム / Archive by category "体験談"

体験談

新たな体験談の感想はブログに更新中

前世療法体験談(セラピスト自身の)

今日はヒプノセラピストの友人と交換セッション。 私→友人にはゲシュタルト療法を。 彼女→私はヒプノセラピーの前世療法。 私は前世があるとか無いとかはあまり気にしていなくて、 とある人生のストーリーが思い浮かんで来たとして それは自分で作りあげていても、 どこかで見聞きしたかもしれないことでも、 何でもよいと思っています。 そこから今の人生にとってどんな教訓を得られるか、 というところが大事なポイントですし、 物語の主人公になってファンタジーともいえる世界を 旅する楽しさもあります。 抱えている問題に直面するのがツラすぎる時に 比喩的にその問題を捉える方法としても使えます。 今回私がみたストーリーは… 100年前くらいのイギリス中流階級に生まれた男性。 質素ながら温かい家庭で育ちました。 20代は船着き場での荷卸しなどの仕事をしていて、 そこで出会った布地を扱う商人を手伝うようになり、 だんだんにボスからも顧客からも信頼を得ていきました。 10年以上たったある日、ボスが顧客の奥方に手を出して町から追放され、その界隈の商売...
続きを読む

M.Kさんより、複人格療法の体験談

先日セラピーをお受けになったM.Kさん(40代・女性)が 体験談を書いて下さいましたので、ここに掲載します。 怒り・悲しみ・恐怖・失望・希望…などが深く絡み合い、 複雑なご相談内容でしたので、複人格療法を行いました。 今回、私の抱えている問題点が色々と絡み合っていて、セッション前のカウンセリングにかなり時間をかけて頂きました。 結果、奥山さんは「複人格療法を行いましょう」と判断されました。 過去に前世退行療法とイメージ療法を受けたことはありましたが、複人格療法を受けるのは初めてです。 自分の中の複数の人格を引き出すと聞き「多重人格者の様になるのかな?」と予想してセッション開始。 セッション前に、幾つかの人格に名前をつけておいたので、それぞれの人格を呼び出すのはそんなに難しくはありませんでした。 また別の人格に移るのも、自分でも驚くほどあっという間でした。 今回の問題点のひとつであった、過去生の辛い記憶。 この人格が出てきた時は、自然と涙がこぼれ、現在の問題を抱えた人格が話をする時は、頭の中に現在の風景がありありと浮かび、また顔の表情もそれに対応して変化して...
続きを読む

前世退行の体験談 インチョさんより

前世退行のセッションをお受けいただいた ペンネーム“インチョ”さんが体験談をブログに 書いてくださいましたので、ご紹介させていただきます。 先日私の記事でご紹介した虹はインチョさんのセッション直後のものでした。 以下はインチョさんの記事よりの引用です。 今日、仕事が終わってから  そわそわの日にご予約させていただいた 退行催眠セッションを受けてきました。 う?ん。。。。よかった。(涙 自分で退行しようとすると かなり眠くなってそのまま寝ちゃう事が多々有 覚えている事と覚えていない事があって、消化不良みたいになっちゃうのです。 なので やはり他の人の手を借りようと お願いしたのです。 他の人の前世見るときは 眠くならないんだけどなあ。。。 そして 色々と質問するためにガイドさんに会った方がいいかもという事で ナニが出るかお楽しみ。 先生の誘導で(綺麗な先生でした♪ す=?っと前世、自分のガイドさんと一緒だった前世まで行きました。 今まで自分のガイドさんはローブを被ったり、あまり姿を見せない人だったので 彼の髪型と質感だ...
続きを読む

クライアントのその後の活躍を知ると嬉しいですね。

以前来ていただいたクライアントさんから、 感想&彼女が主催するイベントのお知らせをいただきました。 食べ物好き・スパイス好き同士なので私と話の合うかづみさん。 いらしてくださった時は落ち込んでいたけれど、 その後、活躍している様子が伺えて、とても嬉しいです♪ 私もそのイベント行こうかしら? 薬膳・スパイス・・・うー とっても好きなジャンル! いただいた感想:「おかげさまで、あのあと 不思議な、気分が晴れたような軽やかな気分になりましたー。 セラピーを受けた直後はとっても充実感でいっぱいでした。 いつも会っている友人にも、顔が全然違うし何か吹っ切れたようねと言われました。 ちょっぴり長いスパンで、物事を考えられるようにもなって どっしりと構えられるというか、そんな感じもしています。 やすよさんのおかげですね、どうもありがとうございます。」 7月25日(土)「夏のスパイス料理×薬膳」イベントのおしらせ 来月のイベントになります。 コラボイベントをやります! スパイスを一緒に学んだ友人で 私も毎月楽しみにして通っている薬膳サロン主宰...
続きを読む

A.Sさん(40代・男性)会社経営

初めてヒプノを受けたので、最初は少し不安だったのですが、奥山さんと話し始めると… 不安は解消されました。 ■2008年9月 前世退行療法1回 私の不安は ・実際にうまく催眠状態に入れるだろうか? ・頭の中で前世の創造をうまくできるだろうか? ・なにもイメージできないで真っ暗だったらどうしよう? というようなものでした。 でも、奥山さんは、催眠状態にうまく入れなくても入ったふりをしていてください。 始めは演技でもそのうち本当に入ってしまう人は沢山います。 うまくイメージできなくても大丈夫です。始めはそうでも、徐々に慣れていきます。 と、私の不安を見透かしたように、説明してくれました。 また、雑談の中で、現在私が抱えている悩みや課題をうまく引き出してくれ、私は 今、 こんなことで悩んでいたのかと改めて知ることもできました。 そうこうしているうちに、ヒプノセラピーが始まりました。 催眠状態に入る方法は何種類もあるようで、その人に合ったものを奥山さんは直感で(?)選ばれたようです。 始めは入っているのか入っていないのか分からないような感じでした。 ...
続きを読む

M.Dさん 30代 ダンサー

やすよさんのアドバイス通り本番が成功した時のイメージを持ち続けるようにして一日一日を過ごしていきました。 ■2008年9月 前世退行セッション2回→自己改革セッション1回 大事な舞台を前にしているのに、体が思うように動かず、挑む気持ちになれず、このまま舞台の日を迎える自信が無いなぁと感じていました。以前やすよさんのセラピーを受けた時に、なりたい自分をイメージするセラピーのことを聞いていたので、お願いしてみました。 話しているうちになぜ自分の気持ちが盛り上がらないのかが明確になってきました。それは他愛も無いことでしたが、すぐに解決できるようなことでも無く、そのことに意識を向けていては舞台でのびのび踊れないんだと解りました。 まず、舞台の前日から詳細に準備や心構えをイメージしていきました。リハーサルのシーン、前日に泊まるホテルのシーン、寝る時に何の本を読むかまで本当に細かいことまでです。そして、当日の朝食や支度、どんな気持ちで会場入りするか、ウォーミングアップの時の体の状態と、どんどんイメージして行き、本番ではとても体が軽く感じて、しっかりと踊り切り、やったーっと感...
続きを読む

K・Hさん 30代 主婦

離婚を考えていた私ですが、魂の生まれ変わりや長い歴史を思うと、ここで学ぶ必要があるから一緒にいるんだと考え直しました。 ■2008年7月 年齢退行(前世退行)セッション1回 母親によるトラウマをずっと引きずっていた為か、結婚したら母親のように離婚はしないと決めていたため、結婚生活の中で何かと我慢したり受け入れすぎたりしすぎて自分が甘えることができなくなってしまってました。 色々なことがあって、離婚を考えましたが、子供たちの事を考えると、自分と同じ思いをさせたくないと・・何も決断できずに前に進めない自分が情けなく思えていました。 そこでやすよさんにセラピーをお願いしてみることを決心しました。 とても真剣にお話を聞いてくださり、大きくうなずいてくれたりして、緊張や不安もいつの間にか消えて、今までの辛かったことなどをとりとめもなく話していたのを覚えています。 それでも、私のペースにあわせてお話を聞いてくださったことが今でも心に残っています。 セッションでは、ベビーカーに寝かされている私を母がお散歩してくれているシーンに入りました。 色々みていくうちに、前世に問題が...
続きを読む

C.Mさん(25才・女性)エステティシャン

私はいま、自分らしく輝く未来へと歩み始めたばかりです。 不安や恐怖に苛まれ、もがいていた私の肩をそっと押してくれた奥山さんには本当に感謝しています。 ■2008年6月 年齢退行療法1回→自己改革イメージ療法2回 私は以前より神秘的な出来事や、精神論を貴重とする事柄に非常に興味がありヒプノセラピー、さらに退行催眠や前世療法の知識を持ち合わせていたつもりでした。 しかし、それらはすべて書物や体験談からのものであり、私自身が経験し得たものではありません。正直、戸惑いや疑いもありました。それでも、ヒプノのイメージに魅了され、気持ちだけが先走り救いを求めていました。 幼少の頃から感じていた虚無感や寂しさ。それを受け入れることも、拒否することもできない自分の弱さへの苛立ち。 その苛立ちは節食障害という形を持って私を苦しめました。 そこに至った原因や過程を私なりに分析をし、解決の糸口を探り続けた数年。 瞑想や様々なワークショップにも参加したりもしました。原因は明確。解決へのプロセスも構造上は理解できている。それなのに、どれだけ試しても超えられないハードルがいつも目の前に...
続きを読む
Top