ホーム / 体験談 / C.Mさん(25才・女性)エステティシャン

C.Mさん(25才・女性)エステティシャン

新たな体験談の感想はブログに更新中

Posted on

私はいま、自分らしく輝く未来へと歩み始めたばかりです。
不安や恐怖に苛まれ、もがいていた私の肩をそっと押してくれた奥山さんには本当に感謝しています。

■2008年6月 年齢退行療法1回→自己改革イメージ療法2回

私は以前より神秘的な出来事や、精神論を貴重とする事柄に非常に興味がありヒプノセラピー、さらに退行催眠や前世療法の知識を持ち合わせていたつもりでした。
しかし、それらはすべて書物や体験談からのものであり、私自身が経験し得たものではありません。正直、戸惑いや疑いもありました。それでも、ヒプノのイメージに魅了され、気持ちだけが先走り救いを求めていました。

幼少の頃から感じていた虚無感や寂しさ。それを受け入れることも、拒否することもできない自分の弱さへの苛立ち。
その苛立ちは節食障害という形を持って私を苦しめました。
そこに至った原因や過程を私なりに分析をし、解決の糸口を探り続けた数年。
瞑想や様々なワークショップにも参加したりもしました。原因は明確。解決へのプロセスも構造上は理解できている。それなのに、どれだけ試しても超えられないハードルがいつも目の前にありました。超えられないという事実がさらに私を追い詰め心に重圧をかけるのでした。

どこかによりどころを見つけなければとの必死の思いから、私はこれらの感情は前世からの流れだと決め込んだのです。そうすれば、たとえそれをクリアできなくとも現世での私の責任ではないと逃げ道を作ることができました。
そのような小細工は自分を追い詰めるだけなのは明瞭だったのに。

数年間、節食障害は一進一退を繰り返し、旅に出て環境が変わったら良くなった時もありました。そんな時、奥山さんに出会ったのでした。

初セッション時、奥山さんは丁寧にカウンセリングを始めてくれ、非常にわかりやすい説明をしてくれました。その心地よい声の響きや空間のつくり方は、仕事や節食障害で疲労困憊 の身体に優しく染み渡り、恥ずかしながらセッション中なのも忘れて、眠りついてしまうほどでした。これぞまさに「癒し」という空間を演出してくださったのです。
セッション中は心地いいリズムと空気感に包まれ、自然と必要なビジョンが見え、言葉が自然とわいてくるようでした。

一番驚いたことは、自分が悩んでいる事柄それ自体がダイレクトに現れると思っていたのがその時見えた、感じたことは全く関係のない事柄なのでした。
それは、自分ではすっかり忘れていたことだったり、既にこだわりを捨てたはずの事柄ばかりでした。 どうしてそのビジョンが見えたのかはわかりません。しかし、自分の気持ちが紐解かれ軽くなっていく感覚がそこには確かにありました。

今から思うと、私の再体験したシーンはトラウマや心の壁を乗り越えるためのヒントだったような気がします。 その目的に近づくために必要なエッセンスだったのです。
奥山さんは、その小さなきっかけを余す事なく拾い上げ、細やかな配慮を持って、私を「輝く未来」へと導いてくれたのです。 彼女の誘導は、心のカタルシスだけではなく、身体に触れずして身体をもいやしてくれるのです。

2回目、3回目のセッションでは初回よりもすんなりと催眠状態に入れました。こちらがヒプノセラピーを受けるのに慣れたのもあるでしょうし、奥山さんへの信頼がゆるぎないものになっていたのもあるのだと思います。

私はいま、自分らしく輝く未来へと歩み始めたばかりです。 不安や恐怖に苛まれ、もがいていた私の肩をそっと押してくれた奥山さんには本当に感謝しています。

Top